英語力を推し量る為の検定試験には、様々な種類がありますが、日本において代表的な存在と言えば、何と言ってもTOEICです。TOEICは、受験に際しての年齢制限もなく、また結果が合否判定ではなく得点で示されるので、誰もが気軽に受験出来るメリットがあります。一方、このTOEICは、企業にとっては従業員の英語力を推し量る為の大きな指標になっています。その為、企業の求人に募集する場合や、入社後に昇進を望んでいる場合などには、この資格の得点を少しでも上げる事が大きな目標となります。具体的に採用や昇進の基準になる得点は、企業によりまちまちですが、概ね600点から800点位がボリュームゾーンになっています。600点未満では評価されないケースが多いので、少なくともこの600点という得点が最低限の指標になります。

TOEICテストの必要性

インターネットの普及や、交通インフラの発展などにより、今世紀は急速にグローバル化が進んでいます。こうした世界情勢の中で、世界の共通語として、「英語力」はもはや必須のスキルのひとつになったと言っても良いでしょう。TOEICテストを受けることで、あなた自身が、国際社会のなかで通用するコミュニケーションのチカラを、客観的にどの程度もっているか、しっかりと把握することができます。また、そのスコアは細かくジャンル別に細分化されていますので、苦手分野や得意分野もわかりやすく、英語力の効率的な向上をサポートしてくれます。なお、進学や就職の際に、あなたの「強み」になりますし、企業に就職してからも、昇給や昇格、海外派遣・海外勤務の基準として採用されていることがあり、有利な会社員生活を送ることが可能になります。

TOEICテストの魅力

日本や、お隣韓国などで、とりわけ人気がある「TOEIC」ですが、この試験を受けるメリットはどんなところにあるのでしょうか。ここでは、カンタンではございますが、いくつか取り上げて書いて参ります。早速ではございますが、まず、「自身の英語力を客観的に把握することができる」点です。今、自分がどの程度の英語スキルを持っているのか、自身ではなかなか判断が難しいものです。TOEICでは、実力が、数値化されて出力されますので、容易に自身の現状を把握することができます。次に、「英語力をアピールすることができる」点も大きな魅力に挙げられます。TOEICは非常に名の知れたテストですし、企業側の信頼性も非常に高い試験です。ある一定の水準を超えるスコアを取得できているのであれば、就職や昇格の場面でもかなりの強みとなります。