世の中にはビジネスに役立つ多くの資格がありますが、昔も今もビジネスマンから人気を集めるものが「英語」です。最近ではとくにTOEICがビジネス英語の世界で多くの需要を集めています。日本だけでなく、多くの非英語圏の国で利用されている英語力を計る指標であり資格です。日本国内以外でも通用する信頼性が人気を集めている理由の一つでしょう。ビジネスマン個人としてだけではなく、企業側も積極的にTOEICを人事指標に取り入れています。新卒採用時の基準の一つとして活用したり、また企業内での昇進人事の必須条件にしたりと、今やビジネスマンにとっては切っても切り離せないほどに重要な資格となってきています。ビジネス上での外国とのつながりは深化の一途をたどっています。これからもビジネス界におけるTOEICの重要性は高まっていくでしょう。

TOEICに対して懐疑的意見もあります。

国際的に共通する英語の能力を測る試験と言えばTOEICです。とても有名な試験で、企業での昇進や入社の際の英語力の証明としてスコアの提出を求められることもありますし、留学の際に必要となることもあります。英語圏以外の人が多く受験しているようです。特に英語力が重視される韓国では、就職のためにハイスコアが求められ、多くの人が必死に勉強しています。しかし、TOEICはマークシート方式の決まったスタイルの問題形式のため、筆記試験でハイスコアを取れたとしても、会話ができないなど結局は期待されている程の英語力を発揮できない人が多いようです。また、英語を母国語としている人が受験してもハイスコアがとれないという噂も名高いです。この試験に対して懐疑的な意見を持つ人もいますが、英語を使いこなせなくともハイスコアを取るだけの努力は認めてほしいものです。

会社から求められるTOEICのレベル

高校生、大学生、社会人であれば誰でも1度は耳にした事があるTestofEnglishforInternationalCommunication、通称TOEICは国内では実用英語技能検定に並ぶ試験です。試験結果が合否判定ではなくスコアで評価されるところが特徴で、世界共通の基準として、おもにコミュニケーションを軸にしている試験です。また、ホームページには公式データの一覧、各種分析・参考データなどの資料が公開されているのも興味深い点であります。近年では教育機関においての進級条件であったり、企業での入社資格であったりと民間に浸透している傾向が見受けられます。英語を使った仕事をしたいとなると、英語で書かれた情報の収集、同僚との議論を理解できるレベルである800点以上が企業側から求められる場合もあります。