学校や企業からTOEICテストの受験を要求されている、という方も最近では増えてきました。このテストで、ハイスコアを取ることで、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、いくつか取り上げて書いていきます。早速ではございますが、まず、「貴重な人材になることができる」点です。英語、英語といわれて久しいですが、日本ではまだまだ、英語ができる人材が圧倒的に少ないのが現状です。ここで、900点などという高いスコアを持っていれば、これは人生においてかなりの強みとなるのです。次に、「企業は英語のできる人を求めている」という点です。現代は、交通インフラやインターネットの発展によって、急速にグロバール化が進んでいます。国内だけでなく、海外に進出しなくては、企業も生き残ることができない時代になりつつあるのです。こうした時代で、英語のできる人材は非常に価値が高まります。

TOEICハイスコアの意外なメリット

TOEICでハイスコアを持っていると、進学や就職、海外派遣などを伴う社内公募などで、優遇されるだけでなく、様々なメリットがあります。例えば、「異性からモテる」といったこともそのひとつです。過去に、求人情報媒体を運営している会社が、「モテる資格アンケート」を実施したところ、TOEICは弁護士や医師には及ばないものの、堂々5位にランクインしたのです。ソムリエやFP(ファイナンシャルブランナー)よりも上位でした。もちろん、ハイスコアを取ったからといって確実にモテるわけではありませんが、要素のひとつではあるということです。次に、「自身の実力を一発で証明できる」という点も魅力として挙げられます。いくら口で英語ができるといっても、なかなかその実力を全て見せきることは難しいものです。しかし、900点のスコアシートが1枚あれば、もう実力の証明は必要十分です。

TOEIC900点越えの力

TOEICのスコアが900点を越すとネイティブスピーカーなみのビジネス英語力を備えていると言われます。英語でのビジネス文書を読みこなせる、または書けるだけでなく、専門的な議論でも対応可能というレベルの英語力です。今ではほとんどの企業で英語力が求められるようになってきており、それだけにおそらく日本人ビジネスマンの英語力も相対的に以前より上がってきています。しかし、それでもTOEIC900点以上というスコアは稀有なもので、ここまでのスコアが取れれば就職などでもかなり有利になると言われています。ほとんどネイティブと同じように英語を駆使することができるため、実際のビジネスシーンで確かな力を発揮できるからです。もちろんこれほどの高スコアを叩きだすことはむずかしいですが、どうせTOEICの勉強をするのであれば、900点越えを目指したいものです。