TOEICテストの受験には、様々な「メリット・魅力」があります。ここでは、簡単にいくつかピックアップして書いていきます。早速ではございますが、まずは、「学習を続けるためのペースメーカーとして使用できる」という点ではないでしょうか。やはり、人間ですから、何か目標となるものがなければ、モチベーションを維持することも難しいものです。その点、TOEICテストでは明確なスコアが出ますし、目標とモチベーションを保ちやすいというメリットがあります。次に、「世界への扉が開ける」点も魅力です。例えば、企業であれば、海外派遣の基準として、一定のTOEICスコアを所持することも義務付けているところもあります。あなたが、700点、800点、900点など、高いスコアを持っていれば、世界で活躍できるチャンスが広がります。

TOEICテストとは?~魅力編~

TOEICテストとは、英語を母語としない人々をターゲットにした、英語力を客観的にはかるための試験です。リスニングセクションと、リーディングセクションに分かれており、満点は990点となっています。概ね、700点を超えてくると、世間でも評価されることが多くなってきます。いまや、TOEICテストの受験を義務付けている会社もあるほど、かなり有名な試験となっています。このTOEICテストの魅力は、進学・就職・海外派遣といった様々なシーンで活かせるだけでなく、自分自身の現在の英語コミュニケーション能力を客観的な数値として知ることができることが挙げられます。また、スコアのシートはかなり細かく分類されていて、点数に合わせて、今後どんな勉強をしていけばよいかのアドバイスまで丁寧に記載されています。まだ、一度も受けたことがないという方は一度はチャレンジしてみると良いです。

TOEICテストについて

TOEICテストは、いまや世界の標準語とも言える「英語」を母語としない人々(主に韓国や日本で人気です。)を対象とした、英語力測定試験です。満点は990点で、一般的に「レベルA」と呼ばれる860点を取ると、ノンネイティブとしては、十分な実力があると判断されます。大体の企業で、「レベルB(730点以上)」ほどの実力を持っていれば、かなり高く評価してもらえます。ここでは、簡単ではございますが、そのメリットを書いていきます。まず、上記でもさらっと記しましたが、就職や海外派遣の伴う社内公募などで優遇される点です。その他には、自分自身の現在の英語力を、数値という客観的なモノサシで判断することができるという点です。スコアシートには課題もはっきりと出ますので、今後の勉強の方向性などを見定めることができます。