TOEICは、企業が社員の英語力を確認する為の手段として、最も代表的な資格になっています。昇進に際してもこの資格の得点が影響するケースがあるので、社員にとっても非常に重要な資格であると言えます。TOEICを学習するにあたっては、独学の場合は公式ワークブックをメインにして、その他の参考書を絡める方法が有効です。その際、日本人はリーディングテストよりもリスニングテストの方が苦手な傾向があるので、特にリスニングに重点を置く必要があります。その為には、シャドーイングなどの方法を用いて、何度も反復練習する事が大切です。そして、なるべく多くの教材を利用し、様々なリスニング問題に慣れておく事です。実際の試験においては、試験会場によってスピーカーの質が異なる点に、注意を要します。音質の良いPAスピーカーを利用している会場もあれば、CDラジカセで再生する会場もあります。リスニングに苦手意識のある人は、ネットの情報などで事前に再生条件を調べて、なるべく音の良い会場を選ぶのも有効な対策です。

TOEICという資格

現在、TOEICの資格を取るため勉強中です。何千もの単語を覚えたり、リスニングやヒアリング、文法も覚えないといけません。かなりの時間を要します。しかし、転職するにあたっては必要な資格の企業が増えてきた為、何とかして800点以上は取りたいです。何度か挫折しましたが、中途半端に諦めるのは気持ち的に嫌なので、いつか転職するまでの間にTOEICの試験を受けます。英語をしゃべる事は試験の中に入っていませんが、それは自分でいろんな方法で勉強するようにしています。英語をスラスラと喋れるようになれば、転職にとても有利ですが、発音を聞き取るのも自分で英語の発音を完璧にするのも、とても難しいです。これは慣れる以外には無いです。転職の為だけでなく、道を尋ねられたりした時にも非常に役に立ちます。試験を受ける為に試験代が必要ですが、払ってでも受ける価値はあります。将来の為にも、これからも頑張ります。

TOEICで英語力を点数化

インターネットの普及により、企業規模の大小を問わず海外の企業や個人とやりとりをする機会が増加しています。そんな場合に、やはり頼りになるのは英語力です。企業の中には英語力を昇任や昇格の判断材料とするため、社員にTOEICを受けさせるところも増えています。さて、そんなTOEICは英語の実力がスコアで表示される試験です。ビジネスに役立つ実践的な問題が多いため、ビジネスシーンで英語力の判断材料とされるのです。高いスコアを記録するには、やはり勉強が不可欠です。幸い、勉強のための参考書は多く出版されているので、独力での勉強も難しくはありません。もちろん、英会話スクールなどでは専用のコースを設置しているところも多いので、時間と費用面で余裕があればこうしたスクールに通うのもハイスコア獲得のために有効といえます。